お見合いの返事で失礼の無いように

お見合いの返事で失礼の無いように

お見合いの返事というのは、どのようにすれば良いか、また、そのタイミングなどなかなか難しいことが多いようです。
通常、恋愛よりも短い期間で結婚を決めることになることが大変多いため、お見合いの返事というのは、通常の恋愛結婚などよりも慎重になることが多いでしょう。
お見合い結婚の場合は、最初にお互いがピンと感じるところがあれば良いですが、「いい人だけれど、まだよく分からない」という時は、お見合いの返事を「NO」と言いにくいですし、悩んでしまいます。
と言っても、一般的に、お見合いの後何回か会うというのは、結婚に向けて進んでいることになってしまいます。
お見合いの返事をあまり延ばしすぎないことは、大変重要です。
はじめてお見合いで顔を合わせた日の後に、次回もう一度会うかどうかを決めて、仲人さんなどの紹介者の方にその報告をします。
この時点では、お見合いの返事というよりも「もう少しゆっくりお会いしてみたい」ということもありますので、結婚へ本決まりというイメージはありません。
2人で何回か会ううちに「結婚」への意思を決めていくことになりますが、この時、一般的には「3回」以上会った後にお断りするのは、少し失礼にあたります。
大体、3回会った時点で、「YES」か「NO」かをしっかりと決めることが大切なようです。
お見合いの返事は、大体3ヶ月でほぼ決定すると言われています。
3回会った時点で「YES」と返事をしていても、3ヶ月まではぎりぎりお断り出来るようですが、よほどのことが無い限り3回で決めるようです。
一生のことですので、お見合いの返事は慎重にしなければいけないですが、明確な断りの返事が無く、3ヶ月を越えてしまいますと、紹介者、ご本人、お相手、そのご両親ともに、「結婚」と運びますので注意しましょう。
お見合いの返事というと、「YES」の場合は言いやすいですが、「NO」の場合はなかなか言い出しにくいものです。
とはいえ、一生のことを曖昧にしてしまってはいけません。
仲介の方にはしっかりとご自分の意思を伝えましょう。
その際には、どのように言えばいいか迷いますが、お相手には仲介の方がうまくご返事していただけると思います。

大抵、「フィーリング」や「価値観」の違いを、お断りのお見合いの返事としておっしゃる方が多いようです。
お見合いの返事というのは、結婚に繋がる大切なものです。
恋愛よりも早く進むお見合いの返事は、はっきりとその思いを伝えることが重要となるでしょう。

お見合いの返事で失礼の無いように関連ページ

お見合いの断り方のマナーって?