お見合いの断り方のマナーって?

お見合いの断り方のマナーって?

お見合いの断り方というのは、お見合いの「前」か「後」かによって、少し違ってきます。
お付き合いしている恋人がいる、などの場合のお見合いの断り方は、はっきりと伝えて断るのが良いようです。
ご本人が結婚の意思が無いにも関わらず、お見合いの話が舞い込むことがあります。
お相手が真剣に結婚を考えて、たいへん乗り気なお見合いの場合、軽い気持ちでOKするのはあまり良くありません。
現在結婚をするつもりが無いことをはっきり言って断りましょう。
お見合いの断り方は、お見合いの「後」に断るほうが難しいと言えるでしょう。
結婚をしたいと思っていても、お見合いのお相手が理想通りの男性であるとは限りません。
そのような場合は、仲介者には、「将来についての考えが合わなかった」、「家庭というものの考え方が違っていた」など、さまざまな理由でお断りするのが良いでしょう。
女性の場合、お相手が「生理的」に合わない、と一度目のお見合いの席で思うことがあるようです。
この場合、何度か会ってみて判断する、という方法もありますが、直感で思ったことはほぼ考えが改まらない場合も多いようです。
お見合いの断り方としては、いい人ではあっても最初にあまり良い印象が無い場合は、会って二回目くらいに判断をしたほうが良さそうです。
仲介者さんは、「ご立派すぎて」などと、いろいろなおっしゃり方でお返事してくださるでしょう。
お見合いの断り方で注意したいのは、先方が乗り気で、ご自身はよく分からないけれどもう少し会ってみたい、という場合です。
その場合でも、あまり長く伸ばしすぎるのは良くないので注意しましょう。
お見合いというのは、伸ばし伸ばしにすれば、どんどんと結婚へと近づいていきます。
お見合いの断り方で重要なのは、断るなら数回のデートまで、ということだそうです。

あまり期間が長くならないよう、覚えておきましょう。
お見合いというのは、ご家族と繋がりのある方の紹介だったり、ご家族やご自身の仕事の関係の紹介だったりすることがあり、その場合のお見合いの断り方というのはかなり難しいと言えそうです。
しかし、一生添い遂げる相手として、慎重に結婚相手を考えるというのは、人生においてたいへん重要な事柄であるということをしっかりと考えて、人生のパートナーとしてふさわしくないと思った場合には、きちんとお断りするということを考えておきましょう。

お見合いの断り方のマナーって?関連ページ

お見合いの返事で失礼の無いように