お見合いのマナーについて

お見合いのマナーについて

お見合いのマナーは、まずはお相手に対して失礼のないような気配りについてが考えられます。
その他にも、紹介していただいた仲人さんへの気遣いが必要です。
お見合いのマナーは、まず初めての顔合わせである「お見合い」から始まります。
お見合いの「釣書」という身上書や写真を見た後、あまり長い間お返事をしないのは、マナー違反となります。
お見合いのマナーとしては、遅くても4、5日でYESかNOかの返事をすることだと言われています。
お見合いの際には、どのようなお見合いのマナーが必要でしょうか。
まずはその場に合った服装をするのがマナーです。
爽やかで明るい印象が持てる格好で第一印象をアップさせましょう。
お見合いのマナーとして、よく話題に出るのは、「お見合い」後、お互いが、断るかそれともこのままお付き合いを続けるか、という時です。
まず、どのようにするかというのを、早めに紹介者へご報告しましょう。
お見合いのマナーとしては、男性は、一回目に会っただけでお断りするのは、あまり良くない、最低でも二回はお会いしてからお断りをする、と一般的に言われています。
しかし、女性側から言えば、先に進まないならば、一回目で断ってもらったほうが良い、と思わないでもありません。
実際は、一回目で断る場合もあるそうです。
悩む場合は、まずはお見合いのマナーとして、紹介者の方に相談することです。
お見合いのマナーとしては、正式にお付き合いするまで、個人的にメール交換などをせず、紹介者を通して連絡先を交換し合います。
初めから二人だけで会う、などカジュアルなお見合いの場合などは、直接メール交換をする場合もあるようですが、しっかりとした形式のお見合いの場合は、紹介者の方のことも考えて、さまざまな事柄を紹介者に報告しつつ先に進むことが、お見合いのマナーです。

正式に仲人さんに取り持ってもらうお見合いの場合は、一回目に二人が会う機会を設ければ、紹介者さんに御礼をいくらかするのがお見合いのマナーです。
また、めでたく結婚の運びとなった場合にも、御礼にいくらか贈ります。
目安としては、結納の10パーセントと言われています。
金額で言うと、両家でだいたい20から30万円くらいが相場なのだそうです。
お見合いのマナーはいろいろありますが、両家にとってふさわしい相手を結びつけてくれた紹介者への御礼の気持ち、そして、お相手に失礼の無いマナーなどに気をつけて、お見合いから成婚へと進みたいものですね。