お見合い写真はどう撮る?

お見合い写真はどう撮る?

お見合い写真というのは、一体どのようなものが良いか悩みますね。
また好印象を与えるにはどうすれば良いか、というのももよく考えないといけません。
お見合い写真というのは、最近ではいわゆるスナップ写真で良い、とも言われています。
カジュアルな姿は、ご本人の親しみやすさを感じますし、等身大の個性が見えるでしょう。
しかし、お着物を着て、スタジオで撮られた写真の良さもありますので、振袖で撮影されたお見合い写真も現在でも多くあるようです。
また、プロの撮った写真というのは、より美しく見えるポーズなども分かっていると思いますので、スナップ写真よりもはるかに魅力をひきだしてくれるでしょう。
スタジオでの撮影の場合「お見合い写真である」と伝えましょう。
プロの腕で見合いにぴったりの写真が出来上がります。
女性の場合、美しい自分を撮ってもらいたい、という気持ちもあるでしょうから、お見合い写真としてプロに撮ってもらうのは、素人のスナップ写真とは違う美しさを演出できて、とても嬉しいものになるでしょう。
プロの撮った写真は、多少修整をすることが可能なようで、いつもより美しい自分が演出できます。
また、メイクアップやスタイリングなどもプロにおまかせすれば、お見合い写真というよりも、若く美しい自分の写真を残す記念にもなるのではないでしょうか。
とはいえ、お見合い写真の姿と、実際の姿があまりに違いすぎても、かえって印象は悪くなってしまいます。
修正は一部分にとどめて、ご自分らしさが出る写真になるようにしましょう。
通常、お見合い写真は、しっかりと撮られたものとカジュアルに撮られたものを両方用意する傾向にあるそうです。
その場合、他の人物が写っている写真は避けたほうが良いでしょう。
またロケーションとしては、部屋などで撮影されたものよりも、明るい場所で撮ったほうが綺麗に写しだされると思いますので、庭などのバックが華やかな場所で撮ると良いでしょう。

お見合い写真というのは、お相手に好印象を持ってもらうことも大切ですが、ご自分らしさを分かってもらうことも重要です。
なるべく楽しい表情で、明るく爽やかな印象が持てるような写真を撮ると良いでしょう。
洋服なども、カチッとしたものというよりも、爽やかさが見られるものが良いですね。
お見合い写真は、初めてお相手にその姿を見せる大切な資料です。
まずは失礼の無いように、そして、ご自分をアピールする手段としておおいに活用しましょう。