お見合い身上書はどう書く?

お見合い身上書はどう書く?

お見合い身上書というのは、一般的に「釣書」と書いて「つりがき」と呼ばれています。
お見合い身上書を書く、ということは、きちんとしたお見合いには必要な場合が多いようです。
お見合い身上書というのは、ご自身だけでなくご家族についても書くことが多いようです。
お見合い身上書の内容というのは、まずは、ご自身の「お名前」「生年月日」「住所」などのほか、「学歴」「職歴」なども書きます。
一般的に、会社に提出する「履歴書」と同じようなものと考えて良いでしょう。
お見合い身上書と履歴書はほぼ同じようですが、若干違いがあります。
ご家族のプロフィールについて、生年月日とその続柄だけでなく、細かく書くことが多いということです。
たとえば、ご家族の学歴なども書くこともあるようです。
つまり、お見合い身上書というのは、「結婚」をするために重要な、「家」と「家」との繋がりというのを重要視している、ということが考えられるでしょう。
履歴書の場合、同居していないご家族についてあまり書く必要がありませんが、お見合い身上書の場合は、別居のご家族も書く必要があるようです。
現在では、本格的なお見合いが少ない傾向にあり、お見合いだからと言っても、身上書を書くことが少ないかもしれません。
というのも、仲介者同席でなく、カジュアルな形式のお見合いも増えているからです。
とはいえ、昔からのしっかりした形式のお見合いもまだ残っています。
その場合には、お見合い身上書は、お互いの家族やご本人の性格、今までの経歴などを分かり合うための大切な書類となるでしょう。
「いい人を紹介したい」という方がいらっしゃる場合に、「お見合い身上書」が必要と言うことであれば、結婚を前提とした、本格的なお見合いということが考えられます。
このようなお見合いの身上書を書く場合は、「結婚」に向かって進む紹介だと考えて良いでしょう。

お見合いの身上書、写真によって、お見合い相手にほとんどの情報が渡ることになります。
それは、恋愛とは少し違った、「家族」としての相手を探すことになるでしょう。
お見合いの良さは、まず、その人のバックボーンがしっかりと分かっていること、そしてご家族と一緒にお見合い相手を伴侶としてふさわしいか、と考えられることなのではないでしょうか。
お見合い身上書は、お相手にご自分を紹介するとともに、自己アピールする意味もあります。
趣味や特技など、自信のあることは積極的に書きましょう。